前へ
次へ

うつ病がどういう病気かというと、抑うつ気分もしくは喜びの喪失によって起こる精神的かつ身体的症状です。精神的症状のみが起こるのであれば、精神科に行くことが多いでしょうし、それに加えて体調の悪さなどの身体的症状が出るのならば心療内科に行くことが多いです。うつ病の原因は、多くの場合会社や学校、家庭などからのストレスによるものです。ただ、原因不明でうつ病になるというケースもありますので、そこのところはよく注視しなければいけません。自分ではそれほどでないとしても、意外とストレスがかかっているということもありますので、自分の体調を良く見極める必要があります。うつ病にかかりやすいタイプは、几帳面や完璧主義、理想が高い性格の人などが該当します。こういう人は余裕を持って生活をすることができませんので、オーバーフローをしてしまう時にうつ病に発症するケースが出てきます。オーバーフローしてしまう前に休んでしまうということが重要です。うつ病の治療には精神科や心療内科に行くことが多いかもしれませんが、実は東洋医学を用いた鍼灸治療が有効なことがあります。うつ病にかかっている状態は、エネルギーが減退しているから精神的にも身体的にもやる気が起こらない状態です。エネルギーを減退させる原因である脳に対して鍼灸治療を行うことで、エネルギーの増大を図ります。1回だけでは一時的なものに過ぎませんので、何回か治療を行うことで自力でもエネルギーが増大させることが可能になります。東洋医学を用いて根本的に治療をしていくことで、うつ病から立ち直ることができます。鍼灸治療だけを行っていればいいのかというとそういう訳ではないです。自分の考え方を変えるということもしたほうがいいです。自分に対してプレッシャーをかけすぎているところがありますので、そういうプレッシャーから解き放つようにするべきです。また、自分がきついなと感じたらいつでも休むということも大事にしてください。

豊田市で腰痛などの身体の不調にお悩みの方におすすめの接骨院

時田はり・きゅう整骨院
患者様1人1人のその時の状態に合わせた様々な治療法をオーダーメイドで組み合わせ、体の不調を改善いたします。

行ったその日に楽になる接骨院

院長常駐で安心の動物病院

Page Top